×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

MENU

インプラント治療の問題点

様々なインプラント治療の問題点を広く調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという説があったのではないでしょうか。

 

それは気にしないでください。

 

 

 

確かに、MRI検査では磁気を使うので身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。
インプラントには主にチタンが使われており、チタンの特性として、磁気には反応しないためなので、MRI検査には影響ないと考えてください。

 

 

 

インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れを必要としないとは誰も言っていません。

 

 

 

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。
食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病を引き起こすこともあるのです。

 

残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、完璧なセルフケアを目指してください。

 

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

 

しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨の幅が足りない」ということならば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればかなり困難なケースでも治療は決して不可能ではありません。現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探して、問い合わせてみましょう。インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

 

 

全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により以下に示す何通りかに分かれています。

 

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。

 

 

そして、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。

 

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。どうにも入れ歯がしっくりこない、または単純に入れ歯は嫌という方にはぴったりくるのはインプラントです。
チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつけるため、費用がかかることは確かですが入れ歯よりも周りにわかりにくく、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。どうしても外見や噛み心地を要求する方に向いています。インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗のリスクはあります。

 

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体に生じた問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目の問題が起きる可能性もあります。
このような危険をできるだけ避けるために、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。
今流行りのインプラント。
一度埋め込めばその効果は原則的には一生持つとされていますが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当医の技量によっても変わるようです。口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。

 

 

加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、義歯の耐用年数自体も短くなってしまいます。
歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利な治療法であるインプラント。

 

 

ですが、制約もあるので覚えておきましょう。最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないことです。
後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

 

 

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。
腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりする可能性は高いといえます。

 

 

 

注意してください。

 

インプラントは人工歯なので永久に虫歯から免れますが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。
インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診を忘れることはできません。ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。自然に治ることはありませんので、早急に診察してもらわなければなりません。

 

 

 

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
インプラント埋入手術を受けても、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

 

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて埋入手術を始めるためです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みが出てくるケースもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。インプラント治療も万能ではなく、基本的には他の治療が難しい患者さんに最適な治療方法になります。クラウンやブリッジの支えになる歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を希望することになる患者さんが多いでしょう。

 

 

入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。気になるインプラント手術の内容とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。
入れ歯などの方法と比べると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

 

インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの卓越した技術が必須といえるでしょう。

 

 

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。

 

 

手術によってインプラントを埋め込んだ後は極力安静を保って過ごすように努めましょう。

 

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、日常生活以上の負荷がかかる運動は当分控えてください。

 

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。
負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、歯科医の意見を聞き、再開時期を話し合うと安心できます。

 

インプラント治療にかかる費用を合計するとインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。
また歯科医の評判によっても料金はずいぶん違ってきます。

 

治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、治療に取りかかることをすすめます。

 

 

 

忘れないで欲しいのはインプラント治療を受けた方からの評価です。
何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。

 

インプラントはメリットの大きい治療法です。けれども、マイナスの部分も理解しておきましょう。全ての患者に関わるのは、高額な費用です。高くついた場合、数十万円にもなることも珍しくありません。

 

 

加えて、治療が失敗して取り返しがつかない健康被害が起きるリスクも背負っています。ごくまれなことですが、治療が原因で死亡することも過去にはありました。
最近よく耳にするインプラントは、自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代用となる人工の歯を作ることだと考えてください。

 

 

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので噛んだときの感じも自分の歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

 

 

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、その治療にはどうしてもお金がかかります。

 

 

 

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、周辺の歯に関係なく治療したいと、患者が考えている場合です。

 

ブリッジ治療で考えると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯のみに働きかける治療と言えます。両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという事情のケースなら、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

 

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。

 

ですから、抜歯してしまって歯がない場合は原理的に差し歯の施術は不可能なのです。
さて、そこでインプラントですが、これは歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の負担が重くのしかかる方も決して少なくありません。クレジットカード利用ができる歯科医院や、いわゆるデンタルローンのような独自の分割払いを取り入れた歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。全ての費用を現金一括払いできなくても、インプラント治療の開始はあきらめなくて良くなりました。
少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。
インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。
口を開けたところを見れば多くのケースではインプラントが良いと言えます。ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛さもあるのです。がんばって終わらせたインプラント治療も、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールに注意を払い、さらに歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことを続けなければなりません。インプラントが虫歯になることはありませんが、ケアが行き届かなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。
歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。

 

 

その人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

 

 

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

 

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが要求される作業です。
もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、それだけ、セラミックの歯というものは歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、他の歯科治療と比べても高額です。ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、一般的なケースではなく、自費診療として始めるしかないのが費用を押し上げる最大の原因です。

 

 

 

どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しい治療を受けるケースでは数倍の費用がかかるケースもあることをくれぐれも忘れないでください。皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本物の歯に匹敵する耐久性があると考えていいようです。

 

 

 

そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによってかなり長い間保たせることができますが、ひとたびケアを怠れば取り返しのつかない事態が起こってしまうと思ってください。
人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。
人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材を用いているのです。

 

 

 

インプラント治療は基本的に保険外治療でその全額が自費になるのが普通です。ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が一番良いでしょう。
インプラントの技術が確立されてきた現在では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、それも皆無とはいきません。人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、歯がグラついて違和感を覚えるなどの事例もあります。

 

 

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に原因があると言ってよいでしょう。
技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。
利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

 

 

歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

 

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかることを忘れないでください。

 

 

 

美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療にかなりの危険が伴います。今は、このような病歴があるからといって治療の可能性はゼロにはならないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。
長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

 

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。

 

 

担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。

 

インプラント治療を検討している方、大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の腕次第で相当な差があると考えるべきでしょう。インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だということを理解してください。良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療全体の大きな部分を占めます。

 

 

口臭に関してはこちらのサイトを参考にすると良いですよ⇒ 口臭 対策

 

 

トップに戻る